2017年

10月

19日

災害ハンドブック

今月の29日(日)に開催する災害対策セミナーにご参加の飼い主様へ、災害ハンドブックをお渡し致します。

内容は、災害時に備えておくものリストや、ペットの情報を書き込むシート、緊急時の連絡先一覧などをまとめてあります。

いざという時に、避難袋に入れておけば必ず役に立つものですので、ぜひセミナーへのご参加と合わせて活用してください。

参加予約はあと数名の空きがございます。

お電話にてご予約をお待ちしております。

 

獣医師 臼井

2017年

10月

15日

ダイエットセミナーのお知らせ

 

皆様のご参加お待ちしております!

 

詳しくはこちらへ → コミット

2017年

9月

19日

11月しつけ教室予約状況

11月はドッグライフカウンセラーの石田静香先生をお招きし、

個別しつけ教室を開催いたします。

 

石田先生は「飼い主と愛犬の暮らしの改善」に主眼を置いた犬のしつけ方のコツを、これまで5000頭近いワンちゃんにレッスンされています。

 

また、今回のしつけ教室は愛犬の問題行動のカウンセリングをしたうえで、
実際にしつけ訓練を実施する実践的な内容になっております。


問題行動でお悩みの方にはぜひ参加していただきたいレッスンです。

 


内容  個別しつけ教室

 

日程  11月11日(土)

 

時間  ■1家族 50分時間制■

 

            10:00~10:50
    11:00~11:50
    12:00~12:50
    13:00~13:50
    14:00~14:50

    15:00~15:50    

 

料金  1回 4000円

 

場所  新習志野動物病院 2階 多目的ホール

しつけを通じて愛犬に信頼される

飼い主を目指しましょう。

 

お申し込みはお電話(☎047-408-1133)にて

お受け致しております。

 

この機会にしつけのプロに日頃のお悩みを是非ご相談ください。

 

獣医師 淺井

 

2017年

9月

18日

秋の健康診断のお知らせ

9月より秋の健康診断が始まりました!!

 

ワンちゃん・ネコちゃんにこんな症状はみられませんか?

 

☑水を飲む量やおしっこの回数が多くなった

☑今までより痩せてきた・太ってきた

☑嘔吐・下痢をする

☑脱毛する

☑元気がない

 

もしかすると、病気を発症しているかもしれません。

 

現在10歳以上の猫ちゃんの6割が慢性腎不全に罹患しているといわれています。

腎不全の治療は早期発見・早期治療がとっても大切です。

ただし、通常の血液検査では腎臓の機能が75%以上障害を受けないと異常を見つけることができません。

そこで、新しい腎機能検査として『SDMA』を一緒に検査することをおすすめします。

『SDMA』は腎臓の機能が40%以上失われた段階で異常が出てきますので、今までの腎機能マーカーや尿検査よりも早期に慢性腎臓病を発見できます!

また、SDMAは慢性腎臓病の猫ではクレアチニンに比べて17ヶ月、犬では9.5ヶ月早期に慢性腎臓病を検出できると報告されています。

 

 

 当院では、年2回の健康診断をオススメしています。特にシニアの猫ちゃんはSDMAの検査も併せての健康診断をオススメいたします。

 

 検査内容

 

  <ドッグドック>  6000円

  ・身体検査

  ・血液検査(生化学検査16項目 + 血球検査)

 

       <キャットドック>  6000円

  ・身体検査

  ・血液検査(生化学検査16項目 + 血球検査 or  SDMA)

 

  <ドッグドックプラス・キャットドッグプラス> 9000円~

  ・身体検査+血液検査

  ・レントゲン検査(胸部・腹部 2方向)

 

 

 *検査時は、なるべく食事を抜いてきて下さい!!

 

 

健康診断の結果は、後日コメントを添えたうえで郵送させていただきます。

 

なお、結果報告には1~2週間ほどお時間をいただきます。ご了承下さい。

 わんちゃん、ねこちゃんとより長く健やかにすごすために、

 定期的な健康診断を受けましょう。

 

 詳細はスタッフまでご相談下さい。

 

 獣医師 淺井

2017年

9月

12日

災害セミナーのお知らせ

詳細につきましては下記をご覧ください。

 

セミナーのお知らせ

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

獣医師 臼井 

2017年

9月

03日

10月のしつけ予約状況

先月開催した「しつけ相談・個別レッスン」ですが、大変ご好評いただいております。

 

今月より佐々木健太トレーナーによるしつけ教室の時間が30分から40分へ変更になりました。

今まで以上にじっくりカウンセリングができるようになりました!!


『褒めて教える』がモットーのとても優しい先生です。

 

~ワンちゃんと楽しく学べる個別しつけ教室~


開催日 10月7日(土)
     
時間  ■1家族 40分時間制■       

       9:00~9:40(予約済み)  
            9:50~10:30    

    10:40~11:20  

    11:30~12:10
      

    

 
場所  新習志野どうぶつ病院 
    2階カウンセリング室・多目的ホール

 

講師  ABOUT DOGS しつけインストラクター 佐々木健太先生

 

 

 

個別指導のため、それぞれの性格やライフスタイル、

スピードに合わせたレッスンが行えます!

 

愛犬の考えていること、気持ちを理解することで、
何歳からでも、問題行動は解決できます!

 

 

 

 

 

お申し込みはお電話(☎047-408-1133)にてお受け致しております。

この機会にしつけのプロに日頃のお悩みを是非ご相談ください。

 

                               獣医師 淺井

2017年

8月

22日

スタッフセミナー

先日、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)のことでニュースになりました。

ノラ猫にかまれた方が亡くなり、その方の体内からウイルスが検出されたとのことですが、それが猫から感染したものかどうかは確定できないということでした。

どちらにしても、犬や猫、その他の動物たちに最も近い仕事をしている私たちにとっても、重大な出来事です。

 

SFTSに限らず、ノミやマダニ、フィラリアなどの寄生虫が運んでくる感染症は他にもあります。

近年、猫のフィラリア予防についてもその重要性が指摘されるようになってきました。

 

そういった猫の感染症の予防について、あらためて私たちスタッフも学び直す機会を設けました。

 


 

基本的なことですが、学び直してみると新しい情報などもあり、大変勉強になります。

予防をしっかりすることで、猫たちの病気を防ぐことが出来るということを改めて感じたセミナーでした。

飼主様にもぜひ知って頂きたいことですので、いずれセミナーなどを開催したいと思います。

 

獣医師 臼井

2017年

8月

21日

獣医師体験

 

 毎年盛況の小学生セミナー「獣医師体験」ですが、今年はセミナー回数を2回に増やして開催し、たくさんのお子様が参加してくれました。

 

 


 

 

 

 実際の診察の流れに沿って、身体検査を体験してもらったり。。。


 

 

 

 内視鏡(胃カメラ)を使って、異物をとる体験をしてもらったり。。。


 

 

 院内の見学や、手術室の様子も見てもらいました。


 

 

 また、調剤体験もしてもらいました。学年毎に分かれて、いろいろな調剤の仕方を学びました。

 



 

 参加して頂いたお子様たちも楽しそうに色々と取り組んでいました。動物病院での仕事が、なんとなくわかって頂けたかと思います。

 

 毎年恒例のセミナーとなっております。来年度もまた開催する予定でございますので、ぜひご参加をお待ちしております。

 

獣医師 臼井

2017年

8月

16日

9月しつけ教室予約状況

9月はドッグライフカウンセラーの石田静香先生をお招きし、

個別しつけ教室を開催いたします。

 

石田先生は「飼い主と愛犬の暮らしの改善」に主眼を置いた犬のしつけ方のコツを、これまで5000頭近いワンちゃんにレッスンされています。

 

また、今回のしつけ教室は愛犬の問題行動のカウンセリングをしたうえで、
実際にしつけ訓練を実施する実践的な内容になっております。


問題行動でお悩みの方にはぜひ参加していただきたいレッスンです。

 


内容  個別しつけ教室

 

日程  9月2日(土)

 

時間  ■1家族 50分時間制■

 

            10:00~10:50(予約済み)
    11:00~11:50(予約済み)
    12:00~12:50
    13:00~13:50(予約済み)
    14:00~14:50(予約済み)

    15:00~15:50(予約済み)    

 

料金  1回 4000円

 

場所  新習志野動物病院 2階 多目的ホール

しつけを通じて愛犬に信頼される

飼い主を目指しましょう。


お申し込みはお電話(☎047-408-1133)にて

お受け致しております。

 

この機会にしつけのプロに日頃のお悩みを是非ご相談ください。

 

獣医師 淺井

 

2017年

8月

01日

マナー向上のお願い

ペットを飼育する時に、他人に迷惑をかけないことは、飼主としてのマナーです。

周りのみんなが動物好きとは限りません。

飼い主の責任として、マナーを守ってペットを飼育しましょう。

2017年

7月

28日

防災訓練のお知らせ

習志野市で毎年実施している防災訓練が,9月24日に実施されます。

今年は新たにペットとの同行避難も実施するとのことです。

同行避難の会場は鷺沼小学校と秋津小学校でのみになりますが,いつ起こるかわからない災害に備えて,皆さんも参加されてみてはいかがでしょうか。

現時点での詳細は未定ですが,参加される方は事前に市役所に連絡を入れて頂いた方がいいようです。

習志野市危機管理課 Tel:047−453−9211

 

 

また,当院でも10月に飼主様向けの災害セミナーを実施します。

詳細が決まり次第,お伝え致します。

 

獣医師 臼井

2017年

7月

24日

熱中症に要注意!!

梅雨が明け、連日30℃を超える真夏日が続いていますね。

皆さん、ワンちゃん・ネコちゃんの熱中症対策は大丈夫ですか?

熱中症は、正しい知識さえあれば防ぐことができる、病気です。

 

毎年たくさんのワンちゃんが、熱中症で亡くなっています。
ワンちゃんは、毛皮を着ている上に、地面との距離が近く、
人間以上に暑さを受けています。
しかも、汗をかけないので、人のように体を冷却できません。

同じようにネコちゃんも熱中症にかかります。暑さには強い動物ですが、

しっかり気をつけましょう。

 

 

熱中症の症状は?

 

・浅くて速い呼吸

 

・ぐったりして、自力で起きられない

 

・嘔吐、下痢

 

・意識を失って、ケイレンを起こす

 

 

 

ワンちゃん・ネコちゃんの正常体温は37~39℃です。

異常を知るには、正常な体温を知ることが大切!
普段から、耳やおなかなど皮膚を触って、ワンちゃんの体温を感じておくように

すると異常に気付きやすくなります。

 

 

熱中症になりやすいチェックリスト

熱中症を予防するために、普段から以下のことに気をつけましょう!

 

 1 おでかけの時に、ワンちゃんを車に乗せたままに

   する

 

   夏場の車内は40℃近くまで上昇します!

   体にとっては危険な温度です。

2 夏場気づくと、飲み水がなくなっていることがある

 

  人と同じ、水分不足は熱中症のリスクが高くなります。

  常に十分な水を用意してあげて下さい

3 日中冷房や扇風機をかけずに留守にすることがある

 

  日中のお部屋の中はサウナのようにとても会漬けなります。  

  長時間留守にする場合は、室温管理に十分に気をつけましょ 

  う。

 

  4 短頭腫であること

 

    例)フレンチブルドッグ、パグ、シーズーなど

 

    鼻の短いわんちゃんは、呼吸による体熱の放散が苦手です

5 日中に散歩をすることがある

 

わんちゃんは、地面と体が近いため、照り返しで体感温度がぐんと高くなります。

お散歩の時間は涼しい時間帯にしましょう!

 

 

 

熱中症になってしまった時に家でできること

なるべく早期に体温を低下させましょう!!


熱中症が疑われたら、すぐに病院へ連絡してください。

その間にも、 流水をかけてあげること(水道水をたっぷり)。

また、首、股、脇などに保冷剤を挟んで車にのせましょう!

 

 

熱中症は予防出来る病気です。

普段から、ワンちゃん、ネコちゃんの様子をこまめに観察し、

熱中症予防に努めましょう!!

 

獣医師 淺井

2017年

7月

18日

スタッフセミナー

災害についてのセミナーを受けました。

 

今年も飼主様向けに、災害セミナーを実施予定ですが,その前に病院スタッフである私たちの知識を深めるためにお話をして頂きました。

 

熊本地震や,先日の九州北部豪雨などの時の話も交え,私たちがやらなければならないこと,備えなければならないことを改めて考える機会となりました。

 

 

 

10月に,飼主様に向けての災害セミナーを行いますので,ぜひご参加をお待ちしております。

 

詳細につきましてはまた後日アナウンスさせて頂きます。

 

 

 

           獣医師 臼井


2017年

7月

04日

定員になりました

小学生対象、獣医師体験セミナーは、定員に達したため募集を締め切らせていただきました。

 

どうもありがとうございました。

 

ご参加を希望されていた方、申し訳ありません。

また来年も企画いたしますのでご了承ください。

                

             獣医師 臼井

           ペコリ


2017年

7月

03日

診察室より(梅雨)

今年の梅雨は雨の少ない梅雨ですね。

 

週間天気予報は雨マークがついていても,数日すると曇りマーク,その日がくると晴れ間が見えたり・・・。

 

梅雨時期のお天気は気まぐれです。

 

さて、気温や湿度の上がってくるこの時期に多い病気は皮膚炎や外耳炎です。

 

どちらの病気も細菌が原因となることが多いのですが,細菌にとっては最適な環境なのがこの時期です。

 

皮膚が痒い,赤みや湿疹がある,耳を気にして頭を良く振る、などの症状が見られたら,早めに受診してください。

 

獣医師 臼井