チョコレート中毒にご注意を!

動物病院で、2月に多いのが・・・

ワンちゃんたちのチョコレートの誤食です!

お家でお菓子を作ったり、頂いたチョコレートが
たくさんおいてあるおうちも多いかと思います。


今日はチョコレートの誤食によって起こる病気についてお話します。


~チョコレート中毒とは~ 

チョコレートの中には、ワンちゃんとって有害物質である
“テオブロミン“という成分が含まれています。

“テオブロミン“とは、チョコレートを作るのに欠かせない
カカオ豆に含まれている成分です。

つまり、カカオ含有量の高いビターチョコレートなどの方が、
中毒になる可能性が高いと言えます。


~チョコレート中毒の症状~

”テオブロミン”は心臓血管や中枢神経に作用します。

そのため、チョコレート中毒の症状は

下痢・嘔吐の消化器症状のほかに、震え・興奮・けいれん・不整脈などがみられるのが特徴です。

最悪の場合死に至ることもあります。




ワンちゃんは甘いものが大好きなので、

チョコレートの味を覚えると自分で探して大量に食べてしまうこともあります。

ワンちゃんに見つからないように気をつけて下さいね!


看護師 松野 でした