狂犬病は怖い病気です

春になると毎年狂犬病の予防接種のお知らせが各自治体から届きますね。

当院でもすでに今年度に入ってから多くのワンちゃんが接種に来院されています。

狂犬病予防接種は飼い主の義務として、犬の登録とともに毎年の接種が法律で定められています。

 

なぜ、狂犬病だけが法律で定められているか、皆さんはご存知ですか?

 

それは、狂犬病が非常に恐ろしい病気だからです。

 

人や犬を含むすべての哺乳類に感染する病気で、発症してしまうと人や犬ではほぼ100%の致死率です。

狂犬病の感染は、そのウイルスを持った動物に咬まれたり、傷口を舐められたりしただけでも感染します。

 

日本では1956年以降、国内での感染による死亡例はありません。しかしこれは非常に珍しいことで、世界的では毎年約5万5千人の死亡者がでています。

記憶にある方もいらっしゃるかもしれませんが、2006年にフィリピンで犬に咬まれ、帰国後に死亡した輸入感染事例もあります。

 

 

日本ではあまり怖い病気という認識がない狂犬病。しかし、この危機感の薄い認識が狂犬病予防接種率の低下につながり、ゆくゆくは危険な事態を招くことになるかもしれません。

もしこのまま接種率が低下し、海外のように日常的に狂犬病が発生するような事態になったら怖いですね。

そうならないためには、飼い主が狂犬病の怖さを認識し、しっかりと予防接種を受けさせることが重要です。

 

狂犬病の予防接種は、大切な愛犬を守るだけにとどまらず、飼い主の皆さんやその他の人の命を守るために必要です。

予防接種で感染を防ぐ手立てがある病気に関しては、ぜひしっかりと毎年の接種をして頂くようお願い致します。

 

獣医師 臼井