猫のフィラリア症

 

フィラリア感染症は、ワンちゃんの飼い主様にとっては一番といっても過言ではない予防すべき感染症として知られていますが、猫ちゃんの飼い主様にとってはあまり馴染みのない病気ではないかと思います。

 

しかし、フィラリア症は犬だけの病気ではありません。


 

猫のフィラリア症は発症率は犬ほど多くはありませんが,症状は元気がない、吐く、咳などの不確定なもので、分かりづらいこともありますが、時として死に至る怖い病気でもあります。

 

犬の場合とは違い、診断が難しいということでも、発見が遅れる可能性があります。

 


 

当院では、猫用のフィラリア予防薬としてスポット剤(首元の皮膚に滴下するタイプ)をご用意しております。

スポット剤であれば,フィラリアと同時にノミなどの外部寄生虫、お腹の虫、耳カイセンの予防もできます。

 

猫のフィラリア症は、犬の感染率ほどは高くないとはいえ、年間数例の感染報告がありますので、できることであれば予防をしてあげることをオススメ致します。

 

 

獣医師 臼井