熱中症対策

今回は熱中症を防ぐための対策をお話しします。

 

まず、ご家庭でできる熱中症対策として

 

・室内犬、室外犬どちらも、風通しの良い熱がこもらないスペースにケージを置く

 

・室内の場合はエアコンを使用し、温度、湿度管理を行う

 →室温が25℃以下でも、湿度が60%近くあると熱中症になる場合もあるので注意

 


・室内の温度の設定は、外気温との差が5℃くらいであると体への負担が少ないといわれていますが、気温が35℃を超えるような猛暑日ではさらに注意が必要です

 

・水を入れたペットボトルを凍らせて枕がわりにさせる

 

・市販の熱中症対策グッズを利用する

 

などがあります。

 

 

 

また、体が脱水をおこすと熱中症の危険度が増すので、いつでもすぐに水を飲める環境を作ってあげることも重要です。


 

 

特に外飼いの犬に多いですが、体を冷やすためにシャワーなどでぬらした後に、毛を良く乾かさず、そのまま放っておくのも危険です。

毛の根元が蒸れて熱がこもり、体温の上昇を招きます。


 

 

犬に比べると猫は暑さに強いと思われていますが、特に猫が好む高い場所は意外と熱がこもりやすく、室温よりもだいぶ暑くなっていることもありますので、そういったところには冷却マットを置いたり、ファンを利用して風通しが良くなるように心がけてあげて下さい。

 


 

以前、当院のスタッフであったことですが、普段は留守中もエアコンをつけて室温管理をしていましたが、ある日落雷による停電で、帰宅した時にはエアコンが停止していたようです。その時は幸い、夕方の停電だったので室温が上昇しすぎることはありませんでしたが、そういった落雷や地震などによる万が一のことも考慮が必要です。

 

梅雨が明けて8月に入り、いよいよ夏本番という暑さになってきました。

熱中症は人だけでなく、動物にとっても危険な問題ですので、熱中症対策は十分に行ってあげてください。

少しでも普段と様子が違うなと思ったときは、すぐに病院に連れてきてください。

 

獣医師 臼井