夏場のお散歩

前回は、熱中症の対策についてお話をさせていただきました。

今回は診察中にも質問を受けることの多い、夏場のお散歩についてです。

 

飼い主の皆さんも日中の日がさしている時間帯はお散歩をさけていらっしゃる方が多いですね。

アスファルトを触るとだいぶ熱くなっており、私達のように靴を履けない犬達は肉球を火傷してしまいます。

また、日が沈んで夜になってからでも、アスファルトはまだ熱いままです。昼間のような熱さはありませんが、暖められたアスファルトを長時間歩くことによって、やはり肉球が軽い火傷を起こしたり、お腹側から臓器が温められてしまう場合もあります。

 

下記のイラストをご覧下さい。

 

日中の気温が31℃でも、地面に近くなる程、温度は上昇して、特に小型犬の場合はかなりの熱さになります。

この状態での長時間のお散歩は非常に危険です。

 

犬は人のように汗をかいて体温を下げることができないので、舌を出して呼吸することで体温を下げようとします。

しかし、この行動がさらに体温を上昇させる原因になることもあります。

 

・ハアハアする呼吸音が大きくなる

・ノドからゼエゼエした音がする

・よだれが大量に出る

 

などの症状が見られるようであればすぐに日陰や室内の涼しいところに移動し、心臓以外の場所、例えばのどもとや脇の下、太ももの付け根を保冷剤などで冷やし、しばらくしても呼吸が落ち着かないようであればすぐに病院にいらして下さい。

 

 

お散歩に出られる時間帯ですが、できればアスファルトが熱くなる前の朝の時間帯が良いでしょう。

 

また、芝生の上や土の上などはアスファルトに比べると温度の上昇が緩やかです。

できればそういったところを選んで歩かせてあげるとより良いでしょう。

 

お散歩時にあらかじめ、首元や体を冷やすような保冷グッズを使っていただくのもオススメです。

 

ワンちゃんにとって、お散歩はストレス解消や運動になります。

マメに日陰での休憩や飲水を入れながら、ワンちゃんも飼い主様も熱中症にはくれぐれも気をつけて、夏場のお散歩をさせてあげて下さい。

 

また、ワンちゃんの様子がおかしいと思ったときは迷わず病院にお連れ下さい。

 

獣医師 臼井