第2回 犬のしつけ講座を開催しました

8月20日、講師に特定非営利活動法人PALさんをお迎えし、しつけ講座を行いました。

 

第2回のテーマは

  『犬種の特性を知って、もっと愛犬と仲良くなろう!』  です。

 今回のメインテーマは『犬種の特性を知る』です。

 

 犬種による本来の特性と飼い主さんがわんちゃんに求める性格には溝が生じてしまう事があります。

 

 そのため、『犬種の特性を理解する』ということが犬のしつけにおいて重要との事でした。

 

 

 またサブテーマとして、災害についてのお話もして頂きました。

 

 阪神大震災、東日本大震災、熊本地震でのペットとの避難の現状や災害に対する準備について実際の経験をもとに詳しく説明して頂きました。

 

 震災直後はケージの中で長い時間を過ごす事になります。

 

 ペット達のストレスを軽くするために、普段から少しずつケージに慣れる練習の必要性について語られていました。

 

 前回ご好評頂いたグループ別座談会。

 

今回のテーマは、『落ち着きがない」、

 

『留守番ができない」でした。

 

 同じ悩みを抱えている方同士、非常に熱心に先生からの指導を聞いていらっしゃいました。

 

 セミナーを通じて、犬の特性や習性を理解することで、お互いがより快適に暮らせるようになると良いですね。

 

 第3回 犬のしつけ講座の開催は9月17日(土)です。

 次回のテーマは『犬語を使って、犬を深く理解しよう。PALの教室を覗いてみよう』、グループ別座談会では①トイレの悩み、②他の犬と仲良くできない    です。

 

 まだ、若干名定員に余裕がありますので、皆様、奮ってご参加下さい。

 

獣医師 浅井