第3回 犬のしつけ講座を開催しました

9月17日、第3回目の犬のしつけ講座を開催しました。

最終回の今回のテーマは

 『犬語を使って、犬を深く理解しよう、PALの教室を覗いてみよう』です。

 

 『犬語』といっても想像しにくいかもしれないですが、ワンちゃん達は鳴き声や、ボディーランゲージ、態度・行動によって意思を伝えてくれます。その中でも、ボディーランゲージを読み取ってあげることがしつけでは重要です。

 

 今回はボディーランゲージの中の『カーミングシグナル』を中心にお話して頂きました。

 

 カーミングシグナルとは・・・

 

  わんちゃん同士が単純に無駄な争いを避けるためのボディランゲージです。
  自分の感情や立場を相手に伝える際に用います。

 

 このカーミングシグナルを知ることで、犬がストレスや不安を感じてしまう前に、私たち飼い主がそれを解消してあげることが可能になります。

 

 後半はPALさんの実際のしつけ教室の様子を動画で視聴しました。

 

 正しいほめ方、きちんとした叱り方を中心に、飼い主とワンちゃんとの関係、ワンちゃん同士の関係を改めて考えさせていただきました。

 

 PALさんの活動の様子はこちらをご覧下さい。

 

 

毎回好評いただいでいる座談会。

 

 

今回のテーマは『トイレの悩み』、

『他の犬と仲良くできない』です。

 

 

おひとりずつ悩みや問題の状況について、非常に熱心にご指導していただきました。

 

 

 

 

 『犬語』を読む力を身につけて、愛犬に『信頼』をされる飼い主になりましょう!

 

 3回にわたり、しつけ講座を開催しましたが、たくさんの方にご参加いただきました。どうもありがとうございました。今後も、ワンちゃん達との関係がより一層良いものになるようなセミナーを考えていますので、楽しみにしてくださいね。

 

獣医師 淺井