犬・猫が食べてはいけないもの

あわせてお読み下さい。

↓ ↓ ↓

異物誤飲にご注意を!!

 

前回は異物誤飲についてお話ししましたが、今回は人にとっては美味しい物でも、犬や猫が食べると健康被害がある物をまとめてみます。

 

タマネギ・ネギ・ニラ・ニンニク類

 赤血球が破壊され、貧血を起こします。尿の色が茶色くなったりします。タマネギを煮込んだ汁なども危険です。

 

チョコレート・ココアパウダーなど

 興奮物質であるテオブロミンが含まれているため、血圧上昇や不整脈、興奮、けいれん、昏睡などの神経症状がみられます。チョコレートの種類によってテオブロミンの含有量が違い、また少量の摂取でも症状が現れる事もあるので注意が必要です。

 

コーヒー・紅茶・日本茶(カフェインを含むもの)

 カフェインはテオブロミンと同様に、頻脈や不整脈、興奮などの症状を起こし、また全身性のうっ血や出血が起きる事もあります。

 

キシリトール

 人と犬ではキシリトールの代謝や感受性が大きく異なります。キシリトールを犬が摂取すると急激な血糖値の低下(低血糖症)がみられたり、肝障害を引き起こす可能性があります。場合によっては、ガム1、2枚のキシリトール量でも危険な場合があるので、要注意です。

 

レーズン・ぶどう

 アメリカの報告では、有害である事が立証されているため、避けた方が良いでしょう。重度の場合は、腎不全から死亡するケースも報告されています。

 

生卵の白身

アボガド:胃腸炎

ナッツ(特にマカデミアナッツ):運動失調や後肢の麻痺

イカやタコ、エビ:ふらつきや歩行困難

牛乳やチーズなどの乳製品:消化不良や下痢

 上記は多量摂取によって、様々な障害を引き起こす場合があります。

 

鶏や魚の骨

 先のとがっている骨は、口の中や食道、胃腸を傷つける可能性があり危険です。

 

生肉

 生肉の摂取については様々な意見がありますが、寄生虫や細菌への感染という観点から考えると与えない方が良いでしょう。

 

人用の味付けをしてあるもの

 多すぎる塩分・糖分は内臓に負担をかけます。

 

その他、観葉植物や植物の球根などには、危険な物がたくさんあるので注意が必要です。

 

獣医師 臼井