病院嫌いなネコちゃんのためにできる工夫

 

 いざ病院へネコちゃんを連れて行こうと思っても、暴れたり、ストレスが過度にかかるのではないかと思ってためらってしまうことはありませんか?

 今日はネコちゃんに心地よく通院してもらうためのヒントを紹介したいと思います。

 

 ネコちゃんを動物病院へ連れて行くとなれば、キャリーバッグは必要不可欠です。

 ネコちゃんも飼い主さんもキャリーバッグに慣れ、使いこなすことが動物病院嫌い克服の一歩です。

 キャリーバッグを上手に使いこなすためのポイントは3つです。 

 

1.診察しやすいキャリーバックを選択する

 

 

キャリーを選択する上で、特に重要なことは出入りのしやすさです。

 

写真のような開口部が2ヵ所以上のものが好ましいです。

 

このタイプのキャリーでは神経質なネコちゃんでも上部のカバーを開けることで、キャリーの中に入ったまま診察ができます。

 

また、事前にキャリーバッグの重さを計っておく事でキャリーから出さなくても体重を計測することが可能になります!

 

 

キャリーバッグに入るのを嫌がるネコちゃんを入れやすくする方法として、洗濯ネットの利用もおすすめです。

 

洗濯ネットはネコちゃんよりも一回り大きいサイズを選択すると入れやすいです。

 

暴れるネコちゃんを無理矢理キャリーバッグの中に入れようとすると、爪を損傷することもありますので、一度試してみてくださいね。

 

 

2.移動時はカバーをかけて不安を軽減&脱走防止

 

頑丈なケースでも、パニック状態になるとドアを破壊して脱走をすることもあります。また、普段見慣れない光景や音が聞こえたりすることで不安もさらに大きくなります。

 

移動中や待合室で待っている間、キャリーごとおおえるようなカバーやブランケットを掛けてあげることで、不安の軽減やパニックによる脱走の防止の両方を予防することができます。

 

 

 

 

 

 

3.日頃からキャリーバッグを居心地の良い場所にしておく

 

「キャリーバッグ = 動物病院 = 大嫌い!!』の方程式が成り立っているネコちゃんは、キャリーを見るだけで逃げ出してしまいます。

 普段から、キャリーを室内に出しておき、いつも出入りできるハウス代わりにしましょう。さらに、おもちゃやおやつを入れておくことで、居心地の良い場所になります。

 

日々のちょっとした工夫から、ネコちゃんの病院嫌いが少しでも克服できるようになると良いですね。

 

獣医師 浅井