お薬の飲ませ方(ワンちゃんの場合)

 
普段どんなに元気なワンちゃんでも、病気になることももちろんあります。病気の治療にはお薬を飲ませることが必要です。しかし、苦い薬は嫌がったり吐き出したりして飲ませるのが大変です。

獣医さんや看護師さんに飲ませてもらうのは一番確実ですが、定期的に投与が必要な場合は毎回手を借りるわけにもいきません。
大切なワンちゃんの健康管理のためにも正しい薬の飲ませ方を考えてみましょう。

■錠剤の飲ませ方



1、 両手で上下の顎を掴んで口を開かせます。
2、 錠剤を喉の奥に置き、口を閉じます。
3、 口を開かせないように固定します。
4、 喉元を撫でて、飲み込ませます。

  このときスポイトなどで一緒に水を飲ませても良いです。

 

このほかにも食べ物に混ぜ合わせたり、錠剤を食べ物に包ませて食べさせたりする方法もあります。

 

■粉薬の飲ませ方


粉薬の場合は、錠剤と比べると飲みやすいとはいえませんが、基本的な飲ませ方は

以下の通りです。

1、 口の端の弛みがある部分を広げます
2、 指に粉薬をつけて、口の横の粘膜に塗りつけます
3、 頬を揉むようにして飲み込ませます

 

また、粉薬を水分の多いウェットフードやハチミツ、ヨーグルトなどに混ぜ合わせたものを飲み込ませるのもひとつの方法です。

 

 

■水薬の飲ませ方


水薬を飲ませるときは、スポイトや針の付いていない注射器を用意してください。

そこに適量の水薬を入れます。

1、 口を閉じた状態で上を向かせます。
2、 唇の端(犬歯の後ろの隙間)にスポイトや注射器を差し込み、少しずつ飲ませます

 

これが出来ると、食欲不振の時に

 

流動食を食べさせることもできます。

 

ワンちゃんは甘いものが好きな性質を利用して、苦みのある薬はガムシロップを混ぜると飲みやすくなります。

 

カプセルタイプの場合は、中身を出して粉のまままたは水に溶かして与えることもできます。

お薬の種類によっては錠剤を粉にしたり、粉を水に溶かして与えるのが不適なものもありますので、獣医師に相談してください。

 

当院では、投薬の負担を少しでも軽減

するために、『投薬補助トリーツ』

取り扱っております。

 

やわらかい形状でお薬が包みやすく、

嗜好性も高いためオススメです。

 

おやつとして与えても大丈夫です。 

ご興味のある方はスタッフまで声をおかけください。

■まとめ

 

錠剤、粉薬、水薬と3タイプの飲み方を紹介してきましたが、どれが一番というわけではありません。
薬を飲ませることに苦労したら、獣医師と相談して薬のタイプを変えてもらうことも考えておきましょう。

 

 獣医師 浅井