6月は虫歯予防月間です

当院では『6月4日の虫歯予防デー』にちなんで
歯とお口の健康を維持するためのオーラルケアセミナーを開催いたします。

 

人間と同じように、動物達にも歯周病があります。
現在では、3歳以上の犬の80%に歯周病がみられるというデータがあるほどです。

歯周病は予防することが最も重要ですが、もしかかってしまったら、

早期に発見し、早期に治療することが大切です。

 

 

 

   <歯周病が疑われる症状リスト

 

 

  よがれが多くなった

 

  口の周りの汚れが目立つようになった

 

             口臭がする

 

             口の周りを前足で気にしていることが多い

 

             頭を良く振っている

 

             口の周りを触ろうとするといやがる

 

             柔らかいものを好み、硬いものは食べようとしない

 

             食欲はありそうな割りに、あまり食べようとしない

 

             片側の目に目やにがでたり、目が充血している

 

             くしゃみ、鼻汁、鼻からの出血などが時々みられる

 

             頬やあごが腫れている。または、穴が開いている

 

 

動物達のこんな症状に気づいたら、早めに病院へ受診しましょう!

 

 

オーラルケアを行い歯周病を防ぐことは、歯を守るだけでなく、
動物達のからだ全体の健康を保つことにつながります!!


このセミナーを機に歯の健康維持について考えてみませんか?

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

獣医師 浅井