熱中症に要注意!!

梅雨が明け、連日30℃を超える真夏日が続いていますね。

皆さん、ワンちゃん・ネコちゃんの熱中症対策は大丈夫ですか?

熱中症は、正しい知識さえあれば防ぐことができる、病気です。

 

毎年たくさんのワンちゃんが、熱中症で亡くなっています。
ワンちゃんは、毛皮を着ている上に、地面との距離が近く、
人間以上に暑さを受けています。
しかも、汗をかけないので、人のように体を冷却できません。

同じようにネコちゃんも熱中症にかかります。暑さには強い動物ですが、

しっかり気をつけましょう。

 

 

熱中症の症状は?

 

・浅くて速い呼吸

 

・ぐったりして、自力で起きられない

 

・嘔吐、下痢

 

・意識を失って、ケイレンを起こす

 

 

 

ワンちゃん・ネコちゃんの正常体温は37~39℃です。

異常を知るには、正常な体温を知ることが大切!
普段から、耳やおなかなど皮膚を触って、ワンちゃんの体温を感じておくように

すると異常に気付きやすくなります。

 

 

熱中症になりやすいチェックリスト

熱中症を予防するために、普段から以下のことに気をつけましょう!

 

 1 おでかけの時に、ワンちゃんを車に乗せたままに

   する

 

   夏場の車内は40℃近くまで上昇します!

   体にとっては危険な温度です。

2 夏場気づくと、飲み水がなくなっていることがある

 

  人と同じ、水分不足は熱中症のリスクが高くなります。

  常に十分な水を用意してあげて下さい

3 日中冷房や扇風機をかけずに留守にすることがある

 

  日中のお部屋の中はサウナのようにとても会漬けなります。  

  長時間留守にする場合は、室温管理に十分に気をつけましょ 

  う。

 

  4 短頭腫であること

 

    例)フレンチブルドッグ、パグ、シーズーなど

 

    鼻の短いわんちゃんは、呼吸による体熱の放散が苦手です

5 日中に散歩をすることがある

 

わんちゃんは、地面と体が近いため、照り返しで体感温度がぐんと高くなります。

お散歩の時間は涼しい時間帯にしましょう!

 

 

 

熱中症になってしまった時に家でできること

なるべく早期に体温を低下させましょう!!


熱中症が疑われたら、すぐに病院へ連絡してください。

その間にも、 流水をかけてあげること(水道水をたっぷり)。

また、首、股、脇などに保冷剤を挟んで車にのせましょう!

 

 

熱中症は予防出来る病気です。

普段から、ワンちゃん、ネコちゃんの様子をこまめに観察し、

熱中症予防に努めましょう!!

 

獣医師 淺井