スタッフセミナー

先日、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)のことでニュースになりました。

ノラ猫にかまれた方が亡くなり、その方の体内からウイルスが検出されたとのことですが、それが猫から感染したものかどうかは確定できないということでした。

どちらにしても、犬や猫、その他の動物たちに最も近い仕事をしている私たちにとっても、重大な出来事です。

 

SFTSに限らず、ノミやマダニ、フィラリアなどの寄生虫が運んでくる感染症は他にもあります。

近年、猫のフィラリア予防についてもその重要性が指摘されるようになってきました。

 

そういった猫の感染症の予防について、あらためて私たちスタッフも学び直す機会を設けました。

 


 

基本的なことですが、学び直してみると新しい情報などもあり、大変勉強になります。

予防をしっかりすることで、猫たちの病気を防ぐことが出来るということを改めて感じたセミナーでした。

飼主様にもぜひ知って頂きたいことですので、いずれセミナーなどを開催したいと思います。

 

獣医師 臼井