ブログ|習志野市で動物病院をお探しの方は幕張ICから車で5分、新習志野どうぶつ病院まで

時間
9:00~11:45
16:00~18:30
  • 午前受付時間 8:30~11:45
    午後受付時間 15:30~18:00

  • 往診:あり(応相談)
    休診日:なし

  • 電話
  • メニュー
2023年12月14日(木)

 

 

最近、おしっこの量や水を飲む量が増えていませんか?

腎臓は『尿を作る』という大事な機能をもった臓器です。

腎臓病は症状が現れにくく、食欲不振などの症状が出たときにはかなり深刻な状態になっていることもあります。このため、早期発見・早期治療が大事な疾患の一つです。

今回は、高齢時に遭遇しやすい慢性腎臓病についてお話します。

 

慢性腎臓病とは?

 

腎臓病の原因はまだよくわかっていません。

腎臓病は、腎臓に障害を与えるさまざまな病気などが、長年にわたって少しずつ腎臓の組織を壊し、ある一定のダメージを超えると急速に進行すると考えられており、高齢の犬や猫ほど、腎臓病になる割合が大きくなります。
猫の場合、15歳を超えた猫の30%が慢性腎臓病と言われています。

 

 

慢性腎臓病(腎疾患)が疑われる症状

 

早期発見のためにも慢性腎臓病が疑われる症状をチェックしてみましょう。

犬と猫の腎臓病で、最も早期に現れる可能性がある症状は、多飲多尿(水をよく飲み、たくさん尿をするようになること)です。

以下の症状に気づいたら、すぐに動物病院に相談しましょう。
 
 
腎臓病を疑う時のチェック項目
 
  • 水をたくさん飲むようになった
  • おしっこの量が増えた
  • おしっこのにおいが気にならなくなった、においが減った、色が薄い
  • 便秘がちになった
  • 被毛がぼそぼそしてきた
  • 食欲がなくなってきた
  • 口臭が気になるようになった
  • やせてきた
  • 歯グキが白くなってきた
  • よく吐くようになった

 

よく水を飲む おしっこが多い 痩せてきた よく吐く

 

 

慢性腎臓病を見つけるのに必要な検査

 

尿検査、血液検査、超音波検査などを組み合わせて診断します。

腎臓病の早期発見に重要なのは尿検査で、血液検査よりも早期に異常を見つけられることが多いです。

また、血液検査でも犬ではシスタチンC、SDMA、猫ではSDMAといった、腎臓の循環を把握することで腎臓病の早期発見に役立つ検査もあります。

高齢の子の健康診断では血液検査だけではなくなるべく尿検査も受けるようにしてください。

超音波検査では腎臓の構造異常や腫瘍の疑いがないかを調べます。

 

IRISステージ分類(重症度)と悪化因子の検査

 

各種検査で慢性腎臓病と診断されたら、重症度のステージ分類を行います。

食欲低下や体重減少など目に見えて症状が出てくるのはステージ3以降のことが多いと思います。

 

また、高血圧蛋白尿は腎臓病を進行させてしまう悪化因子として重要なため、まずはその有無を検査します。

猫ちゃんでは甲状腺機能亢進症も腎臓病の悪化因子として重要なので検査をお勧めしています。

 

腎臓病(腎疾患)の治療について

 

一度障害を受けてしまった腎臓は元に戻ることはできません。

腎臓病の治療は残りの腎機能を維持させることが目標となります。

 

腎臓病の治療

 
①食事療法(腎臓療法食:低タンパク食、低リン食)、サプリメント
 腎臓病は食事中のリンを制限することがとても大切です。
 リンを適切に制限することにより、一般食を給餌した症例よりも生存期間を延長すると言われています。
 
②内科療法
 ・降圧剤
 ・輸液療法など
 

輸液療法とは?

 

腎臓病になると、病院での静脈点滴のほか、自宅で点滴(皮下点滴)を実施することもあります。

これから皮下点滴にチャレンジしようとしている方は、動画付きで解説していますので参考にしてみてください。

自宅での皮下点滴のやり方

 

まとめ

 

多飲多尿というのは一つの症状で、慢性腎臓病を早期に発見するための重要なサインです。なるべく早期に腎臓病を発見して、進行しないように治療を始めてあげましょう!

 

当院のドッグ・キャットドックのシニアコースでは早期に腎機能を評価する検査を取り入れています。

7歳以上のわんちゃん、猫ちゃんは早期発見のためにもシニアコースをぜひご活用下さい。

ドックドック・キャットドックシニアコースについてはこちら

 
2022年10月12日(水)

■どんな病気?

おしっこを貯める臓器である膀胱で炎症が起きてしまう病気です。

 

■原因

ワンちゃんでは、大腸菌などの「細菌感染」による膀胱炎が多くみられます。尿道を通って細菌が膀胱に入り込んでしまうことで感染が生じます。他にも膀胱結石や腫瘍などが刺激となって膀胱炎となってしまうこともあります。

また、猫ちゃんでは原因がはっきりとしない「特発性膀胱炎」も多くみられます。ストレスや環境の変化が要因として考えられています。

 

 

■こんな症状が見られたら病院へ

・トイレによく行く

・1回あたりにするおしっこの量は減る

・おしっこをするときに痛そうにする(力んでいる、鳴くなど)

・おしっこの色、臭いが変わる(血が混じるなど)

 

 

診察時におしっこを持ってきていただくとスムーズな検査が可能です。

直接紙コップなどで採るほかに、ペットシーツを裏返してその上でおしっこをしてもらう、などの方法でおしっこを採ることができます。

おしっこ用の容器もお渡ししているので、ご相談ください。

 

■診断・治療法

病院では尿検査、エコー検査などを行い、膀胱炎であること、またその原因を特定していきます。細菌感染がある場合には主に抗菌薬を使って治療を行います。

結石や腫瘍がある場合、それらに対する治療を並行して行って行きます。

 

■予防法

原因として1番多い細菌性膀胱炎に対しては、膀胱内に細菌の侵入するリスクを減らすことが大切です。対策として、トイレを長時間我慢させないようにし、排泄しやすいトイレ環境を整えてあげましょう。また、外陰部やペニス周囲の皮膚は、排泄による汚れが付着しやすいので、清潔に保つと良いでしょう。

膀胱炎は放置しておくと感染、炎症が拡大して命にも関わってくる病気ですので、日頃からおしっこの様子をよく観察して、早めに変化に気づいてあげることが大切です。

気になる様子がありましたら、お気軽にご相談ください。

獣医師 飛田

ページトップへ▲TOPへ戻る