ブログ|習志野市で動物病院をお探しの方は幕張ICから車で5分、新習志野どうぶつ病院まで

時間
9:00~11:45
16:00~18:30
  • 午前受付時間 8:30~11:45
    午後受付時間 15:30~18:00

  • 往診:あり(応相談)
    休診日:なし

  • 電話
  • メニュー
2024年5月15日(水)

食餌や生活環境など様々な理由から年々ペットの寿命も延びてきていて、今では犬猫ともに平均14~15歳も言われています💡

寿命が延び、ペットと過ごす時間が増えることは幸せなことですよね!!

ですが実際、寿命が延びれば老犬・老猫(シニア期)と言われる時間も多くなり、若い頃と同じようには動物達も過ごすことは出来ません。その為、その時期にあったサポートが必要です🐶🐱

一般的にシニア期と呼ばれる年齢は7~8歳からですが、実際に毎日を一緒に過ごしていて、老いを感じる、介護が必要と感じるのはもう少し先かもしれません。

ですが、目にみえる症状がなくても「膝が痛い」「耳が聞こえにくい」「眼が見えにくい」など本人達なりに感じていることがあるかもしれません💦

言葉を話せない動物だからこそ普段からよく気にかけ、いざサインがあった際には少しでも早く気づいてあげたいですね☺️

 

飼主さんが愛犬・愛猫が年を取ったと感じる出来事の多くは

  眼が見えにくくなった/眼が白くなった

  耳が聞こえにくくなった/反応が鈍い

関節 動きが鈍くなった/階段やキャットタワーへ上がらなくなった

  毛艶が悪くなる/毛が細く薄くなる/白毛が増える

活動 寝ている時間が多くなる/ぼーとする事が増える

体重 食べているのに痩せてきた

他にもイボが増えたり、口臭がしたり気づくポイントは様々で、

いずれも年齢だけが原因ではないこともあるので些細な事でも気づいたらお早目にご相談下さいね!

 

一日でも快適に不自由なく過ごすために、今からでもできる対策のひとつとしてサプリメントも選択の一つです。

目に見える症状はないけども予防として試したい。

現在症状があるがこれ以上悪化をさせたくない。 などなど

 

【当院にあるサプリメントのご紹介】👇

アンチノールプラス(犬・猫)

モエギイガイという貝を主成分とする100%ナチュラルオイルのカプセルで

DHEやEPAなどの良質な脂肪酸が凝縮しており、関節、皮膚・被毛、心血管、腎臓、神経・認知機能低下予防など効果は幅広く、高齢のワンちゃんにおすすめなサプリメントです。

 

 

 

 

 

 

ダスクインタブレット(犬)ダスクインカプセル(猫)

グルコサミン・コンドロイチン・オメガ3脂肪酸などを配合で、関節軟骨の健康維持にオススメのサプリメントです。

 タブレットタイプとカプセルタイプの二種類ございます!

 

 

 

 

 

 

DUO ONE EYE C(犬・猫)

抗酸化作用の強いプロアントシアニジンとクルクミノイドにより水晶体を健やかに保ちます

白内障予防や現在の白内障の進行を遅らせる為としても使えるサプリメントです。

 食べやすい小粒の錠剤タイプ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にもシニア後期に向けた認知機能の低下に対するサプリメントなども揃えております。

今までと違う愛犬・愛猫の体の変化にご家族の方も戸惑うこともあるかと思いますが、いつまでもお互いに楽しく、笑顔でシニア期を過ごしていけるよう我々スタッフもお力になれればと思います😊

ご気軽にご相談ください🏥              看護師 三富

  pastedGraphic.png

2024年4月17日(水)

「高齢になってきて、トリミングを断られた…」

「自宅でのシャンプーが不安になってきた…」

「シャンプーは自宅で出来るが、爪切りが出来ない…」

 こんなお悩みをお持ちの方、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 当院では系列サロンRAPPORT(ラポール)と連携して

シニア犬・持病のある子のトリミングを行っています🐶

 〇。。トリミングまでの流れ。。〇

①事前に新習志野どうぶつ病院または奏の杜どうぶつ病院にて獣医師の診察をご受診下さい。

診察の内容によってはトリミングをお受けする事ができない場合があります。

他院にて治療中の場合は治療経過が分かるものをご持参下さい。

②診察翌日以降に飼い主様よりトリミングサロンにご連絡頂き実施日のご予約をお願いします。

③トリミング当日✨

当日の体調によってはトリミング・シャンプーを行えない場合があります。

 

爪切り・肛門腺絞りの処置のみも受け付けております。

お困りの方は、まずはお気軽にご相談下さい!

 

新習志野どうぶつ病院 TEL:047-408-1133

奏の杜どうぶつ病院 TEL:047-411-4808

 

 

2024年4月10日(水)

以下の日程は、午後休診です🏥

4月18日(木)

5月23日(木)

ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします🐶🐱

2024年4月3日(水)

みなさん、こんにちは!

暖かい日も増え、すっかり季節は春ですね(^^)/🌸

 

春といえば3月2日より、今年度の狂犬病予防注射が始まっています💉

さらに、今回は船橋市にお住まいの方に嬉しいお知らせです。

当院では2024年4月1日より船橋市にお住いの方で狂犬病予防注射を接種をされた方に注射済票を即日交付する事が出来るようになりました!

 

 

また、新規登録の方でもマイクロチップを国の指定登録機関へ登録がお済の方は

交付可能な場合もございます。

 

即日交付ではなく、数日お時間をいただく代行登録は船橋市・習志野市ともに

今まで通り行っております。

どちらが対象かご不明な場合にはスタッフへお気軽にお声掛けくださいね🎵

 

 

                         看護師 筆脇

 

2024年3月21日(木)

春の予防シーズンとなりました💉

混雑緩和のため、今年は4月1日より毎日13-14時に予防診療専用時間帯を設けることになりました🏥

ご好評につき土日も実施予定ですので、予防のみの方はぜひご利用ください💁‍♀️

気になる症状がある方、担当医指名の方は通常診療でご予約ください💡

2024年3月15日(金)

寒暖差の激しい日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は私のおうちにいる子を2人紹介させていただきます!

 


まず1人目、フレンチブルドッグのごましお君(7歳)です。体の模様からそのまま名付けました😁

のんびり屋でマイペースな男の子です。野菜やおやつが大好きでいつもねだられてます💦

我慢!と思っても可愛くてついついあげちゃいます…😅

 

 

次に2人目、ショーティブルのばんちょう君(3歳)です。インパクトのある名前です😂

こちらは聞いた事がない犬種だと思います。こちらはまだ日本に浸透していない珍しい犬種なんだそうで、ブルドッグ系の犬種を6種ほど掛け合わせたものだとか…!

気になった方は是非、”ショーティブル” 検索してみてください!

さておき、ばんちょう君の両親が筋骨隆々でカッコよく、そのようになってほしいと名付けたのですが…

意外とスタイリッシュで細身に育ってくれました(笑)

お散歩、遊びが大好きで、元気いっぱいのわんぱくな男の子です💪

 

 

2人いつも何をするにも一緒で、くっついて寝るのがお決まりみたいです☺️

2人のくっついてるところを見るのが、何よりも癒しになっています✨

 

 

 

 

私は見ての通り鼻の短い短頭種が特に大好きです‼︎(もちろん他の犬種、猫も大好きです!)

短頭種飼われている方と話が合うかもしれません…😏 是非お声がけください❗️

 

これから暖かい季節がやってきます。特に短頭種の子たちは、熱中症に要注意です。

・ぐったりしている

・呼吸が苦しそう  

など、様子がおかしいと思ったら、早めにご連絡ください!

 

皆さんの飼われているわんちゃん、ねこちゃんのうちの子自慢、大歓迎ですのでぜひお聞かせくださいね✨

 

牧野

 

 

 

 

2024年3月13日(水)

今年も狂犬病予防注射の時期となりました🐶💉

わんちゃんは年1回の接種が義務付けられています💡

また、同時にフィラリア検査🦟や健康診断【ドッグドック】も実施できますのでぜひご利用ください💁‍♀️

さらにドッグドックを3月中に実施して頂くと、早期割引で550円OFFとなります🌸

2024年3月7日(木)

2024年3月より、納入価値上げの為、混合ワクチン接種料金を一律220円値上げさせて頂くことになりました。
飼い主様にはご負担をお掛けする事になりますが、何卒ご理解の程よろしくお願いします。

2024年2月28日(水)

まだまだ寒い日が続きますが、今年も春を迎え、フィラリア予防の季節が近づいてきました。

今回は、毎年多くの患者様にご好評いただいているワンちゃんの春の健康診断キャンペーンについてお知らせします!

 

・キャンペーン期間:2024年3月1日〜6月30日

・フィラリア+内臓機能19項目がお得な価格で検査できます!

・平日(土日祝以外)は表示価格からさらに550円オフ!

 

 

 

ワンちゃんはフィラリアの予防を始める前に、フィラリアに感染していないことを確認する検査が必要です。

その際当院では、フィラリアの血液検査と一緒に肝臓や腎臓などの内臓機能を調べる健康診断(ドッグドック)をおすすめしています。

ある検査センターによる調査では健康診断の血液検査で1〜3歳のワンちゃんの14%、4〜8歳のワンちゃんの20%で臨床的意義のある異常が検出されたとされており、その割合は9歳以上では40%にまで上昇します。

また、当院でもフィラリア検査を受診した方の60%以上がドッグドックを希望されています。

一見健康にみえる若いワンちゃんでも、見た目にわかりづらい不調を抱えている場合も少なくありませんので、この機会にぜひ健康診断を受けてみてください!

 

*検査結果は獣医師がコメントを添えた上で、後日ご自宅に郵送いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

*検査当日は可能な限り絶食での来院をおすすめしております。

(飲水は普段どおりで構いません)

 

*当院は予約診療を実施しております。

お電話またはネットでのご予約をお願いします。

2024年2月14日(水)

寒さが緩み、春らしさを感じる季節となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

こうした季節の変わり目は、私たち人もそうですが、動物たちにも体調に変化があらわれやすいです。

今回は、気温差が激しいこの時期の「ネコちゃんの体調管理」についてお話しします!

①天気予報をチェックして、エアコンで温度管理を!

室温を22~24度、湿度を50~60%くらいになるように設定しましょう。

年齢などにも左右されますが、室温が21度未満にはならないようにしてくださいね。

ここで注意していただきたいのが、暖房機器の使用についてです。

火傷や熱中症、脱水の危険があるため、暖房が直接あたる場所に寝床をつくったり、こたつやストーブの電源は切っておきましょう。

②温める場所と涼める場所の用意を!

エアコンなどで、室温を一定の温度になるようにしていても、朝晩の冷え込みや太陽の日差しなどで温度は変化してしまいます。

ネコちゃんが寒い、暑いと感じたときに避難できるようにしましょう。

春用のベッドと冬用のベッドのふたつを用意してあげると、そのときの気温でネコちゃんが快適なベッドを選ぶことができます✨

③複数の飲み水の用意を!

元来ネコちゃんは、水分補給が少ない動物です🐈

これは、砂漠地帯に生息していた祖先からきている遺伝的なものが原因と考えられています。

寒い時期は、飲水量や飲水回数が減りますので、いつでも新鮮なお水が飲めるようにしてあげてくださいね!

 

体調管理をしっかり行い、春の訪れを待ちわびながら、元気に過ごしましょう🌷

 

飯島

 
1 2
ページトップへ▲TOPへ戻る