ブログ|習志野市で動物病院をお探しの方は幕張ICから車で5分、新習志野どうぶつ病院まで

時間
9:00~11:45
16:00~18:30
  • 午前受付時間 8:30~11:45
    午後受付時間 15:30~18:00

  • 往診:あり(応相談)
    休診日:なし

  • 電話
  • メニュー
2021年10月5日(火)

10月11日よりお薬代の他に、処方料一律330円(税込)がかかります。

 

コロナ禍での変化に伴い、薬価や配送料が高騰してます。

その為、処方料として一律330円を頂くことになりました。

 

また、分割や粉薬、液剤の場合は別途調剤料も頂きます。

ご自宅でお薬を割ることができるピルカッターもご用意してますので、ご希望の方はスタッフにお声がけください。

 

尚、外用薬、サプリメント、予防薬は処方料適応の対象外となります。

 

皆さまにはご負担をおかけしますが、ご理解宜しくお願い致します。

2021年10月21日(木)

段々と涼しい日が増え、秋が深まってきましたね🍁

秋といえば、食欲の秋ですが、わんちゃん・ねこちゃんが食べてはいけないものについてご存じですか?

 

 

・チョコレート

下痢や嘔吐を起こしてしまいます。

カカオの多いチョコレートは、より危険です。

⇨チョコレート中毒🍫については詳しくはこちら

 

・ネギ類

赤血球を壊し貧血を引き起こしてしまいます。

 

 

・キシリトールが含まれるガム

キシリトールを食べると、低血糖になってしまいます。

意識が朦朧としたり、痙攣などを引き起こしてしまいます。

 

他にも、レーズン(ぶどう)やイカ、アボカド、ユリ科の植物、人のお薬やタバコなど食べてしまうと危険なものがあります。

 

 

手の届かないところに置き、食べてしまわないのが1番ですが、万が一食べてしまったことに気が付かれた場合は、すぐ病院にご連絡ください⚠️

 

①何を食べてしまったのか?

(実物やパッケージがあればお持ち下さい)

②どのくらい食べてしまったのか?

③いつ頃食べてしまったのか?

(1時間以内であれば吐かせる等の処置が行えるため)

この3つを確認しお電話くださいね。

わんちゃん・ねこちゃんにとって危険なものを知り安全に過ごしましょう!

 

 

                            看護師 篠崎

2021年10月20日(水)

この度、「ベーリンガーインゲルハイム アニマル ヘルスジャパン」では売上の一部が保護された動物達の医療費支援に役立てられるキャンペーンを行なってます。

当院もこの活動に参加しました。そして先日、感謝状を頂きました✨

保護された犬猫の中には、疾患を持つ子もたくさんいます。そういう子達の医療費支援が少しでもできてよかったなと思います🐶🐱

 

2021年9月14日(火)

こんにちは🐶 仔犬のしつけ 相談を担当しています城戸です。

 

新しく子犬をお迎えした方は可愛くて癒しだなぁ〜と思う事が多いと思います。しかし、元気すぎて困っちゃう!甘噛みする!色々なものをかじられる!など、子犬ちゃん特有のお悩みが有る方も多いと感じます😵

そこで今回はお困りの方が多いと感じる、トイレの失敗についてです!

 

 

トイレのしつけで大切なことは、ずばり3つです💡

 

1、子犬をよく観察して排泄のタイミングを知ること

→ご飯の時間を一定にする、排泄した時間を数日分メモしておくとタイミングがわかりやすくなると思います!

 

2、失敗させない環境を作ること

→一般的に失敗してしまうことが多いカーペットや絨毯はトイレを覚えるまではどかしておくなど。まずは7割成功を目指しましょう!

 

3、成功するように誘導し、排泄したらすぐにご褒美をあげること

→排泄のタイミングでトイレに連れて行きます。排泄し始めたら「おりこう」と褒めて、排泄が終わったらご褒美をあげます。ご褒美はトイレの近くに置いておくといいですね!

 

 

また、トイレの失敗をしてしまったときに大切な事2つです

 

1、失敗したことについて叱らないこと

2、失敗してしまったところは静かに速やかに片付けること

 

子犬の頃からしっかりトイレトレーニングを実施しましょう!

トイレのしつけがうまくいかない場合は、個別相談をすることが可能です。お困りの方は病院にご連絡下さい。

 

仔犬のしつけ 相談の詳細はこちら

 

※急に失敗するようになってしまった、などは膀胱炎などの病気の可能性もあります。

どうしてもうまくいかない場合は、診察や検査をおすすめすることがあります。

 

 

看護師 城戸

2021年8月31日(火)

実はわんちゃんは虫歯になることは滅多にありません。

愛犬の歯磨きは歯周病予防のために行いましょう!

歯磨きはいきなり歯ブラシで行おうとしても上手にできないことが多いです。

なので、順番に手順を踏んでできるようにしていきましょう!

 

〈手順〉

1、まずは口に触れることから慣れていきましょう。

いきなり口を触るとびっくりしてしまうので、背中→頭→口という様にだんだん口元に近づいていくようにしましょう。

 

 

 

 

2、口に触ることに慣れたら次は歯に触れることに慣れましょう。

ゆっくりと唇をめくり、前歯や犬歯を一瞬触れておやつをあげる、を繰り返し慣れていくと良いでしょう。段々と奥歯の方も触れるようになると良いでしょう。

 

 

 

 

3、歯に触れることができらた歯磨きシートを使って歯を磨いてみましょう。

利き手に歯磨きシートを巻き、唇をめくり前歯や犬歯を一瞬触れておやつをあげましょう。

段々と奥歯の方もできるように頑張りましょう。

 

 

 

 

4、歯磨きシートで歯を磨けるようになったら、ついに歯ブラシの出番です!

歯ブラシを水で濡らし、歯磨きペーストや、デンタルジェルを付けて行いましょう。

唇をめくり前歯や犬歯を一瞬触れておやつをあげましょう。

段々と奥歯の方も磨けるようになると良いでしょう。

 

 

歯磨きが上手にできるようになるコツは、無理をしないことです。

わんちゃんが嫌がったら一度休憩をし、落ち着いたら再開しましょう。

飼い主様もわんちゃんも無理せずゆっくり慣れていきましょう。

 

 

看護師:冷泉

2021年8月18日(水)

コロナ禍が続く中、在宅時間が増え、生活の癒しを求めてペットを飼う人が増えたというニュースがありました。

わんちゃんを初めて飼う人も増え、トイレの失敗甘噛み無駄吠えお留守番などの相談を診察中に行う機会が増えたように感じます🐾

 

少しでも飼い主様のお悩みが解決できるように、個別でのしつけの相談を受け付けてます💡

 

実施日:火・土曜(時間は要相談)

費用:1650円(税込)

予約方法:電話予約のみ(047-408-1133)

2021年7月13日(火)

今年の7月はオリンピックによる変更で7月22-23日は祝日となります💡

新習志野どうぶつ病院・奏の杜どうぶつ病院は通常診療を行います🩺

連休中は取引業者がお休みの為、フードやお薬の納品が遅れる可能性があります🥺

継続中のフードやお薬はお早めにご注文ください☎️

2021年7月4日(日)

7月といえば、いよいよ夏の到来🌻

 

本来であれば海やBBQなど、この季節ならではのレジャーへお出かけしたい季節ですが、

昨年から続くコロナウイルス感染症の影響で実際はなかなか難しいですよね。

 

レジャーなどのお出かけはまだまだ難しいですが、そんな状況でも長期の急用や飼い主様自身の体調不良などで愛犬・愛猫のお世話が困難になる場合もあります。

 

そんな時のために、今回は当院の提携店であるペットケアサロン ラポールのご紹介です!

ラポールでトリミングを行っていることは知られていますが、ペットホテルもあるのをご存じですか?

 

ラポールのホテルでは、皆様の大切なご家族をお預かりするにあたり、なるべくご自宅と同じような環境でストレスなく過ごしていただけるような工夫をしております。

動物種や体格はもちろん、性格や状況に合ったお部屋をお選びいただけるように…

◆病院よりも広く設計

◆お部屋タイプのバリエーションも多い (同居動物の同室預かりも可能 ※条件あり)

◆お部屋の素材はステンレス製ではなく温かみのある木材を使用

◆1頭に1つずつベッドを常設で快適

 

また、LINEを使い写真付きでお預かり中のご様子を送信したり、広いプレイルームにて

1頭ずつ運動の時間をもうけたり、ホテル専属のスタッフが愛情をもってお世話させていただいております😊

 

万が一、お預かり中に体調不良がみられましても、本院と連携してすみやかに対処が可能です🏥

安心してお預けいただけます☺️

本院でもホテルのお預かりはしておりますが、慢性疾患や治療が必要な子を優先とさせていただいております🩺

元気で健康な子は、ぜひラポールもご利用いただければと思います🐶🐱🐾

 

ペットケアサロン ラポールでは、お部屋の見学など随時受け付けております。

料金のお問い合わせなども、お気軽にご連絡くださいね。

 

ペットケアサロン ラポール

TEL 047-455-3033

看護師 筆脇

2021年6月22日(火)

8月13日(金)〜16日(月)は臨時休診となります🌻

ご不便をおかけしますがよろしくお願いします💡

 

慢性疾患・緊急疾患の方はお電話ください☎️

受付時間10:00〜18:00

TEL:047-408-1133

2021年6月16日(水)

今年は例年より遅い梅雨ですね。

その梅雨が終わると、いよいよ本格的な暑さがやってきます。

この時期に気をつけたいのが、熱中症です。

 

とくに犬はヒトよりも平熱が高く、元来暑さに弱い動物です。

一度、熱中症になるほど体温が上昇してしまうと、自力で体温を下げるのが苦手なため、安静にして冷やすだけではなかなか平熱に戻りません。

そのため、暑い時期は熱中症にならないよう事前に予防・対策する事がとても重要です。

 

 

〈予防・対策〉

 

・こまめに水分補給出来る環境を整えましょう

→あまり水を飲んでくれない子には、普段の食事をふやかしたり、水分量の多いウェットフードを追加してみたりもオススメです

 

・炎天下のお出掛けは控えましょう

 

→夏場の直射日光は皮膚にもダメージを与えます、特にサマーカットにしている子は注意

 

お散歩は日が暮れてから行きましょう

 

→アスファルトや地面の熱さに注意

 

・お外に出る時は保冷剤冷感タオルなどを首に巻きましょう

 

→冷感素材のお洋服もオススメです

 

・室内温度の設定は20℃〜23℃がオススメ(※犬により個体差あり)

ヒトが少し肌寒いくらいが犬にとっては快適な温度です

 

 

上記の予防をしていても、熱中症になってしまう事もあります。

また、犬以外の猫やエキゾチックアニマル達も夏場の過ごし方には注意が必要です。

 

・元気がない

・食欲がない

・体を触るといつもより熱い など…

 

熱中症かも!?と思ったら、まずは病院へご連絡下さいね。

 

本格的な夏が来る前に、ヒトも動物も熱中症対策を万全にしておきましょう!

 

                       看護師 筆脇

 

1 2 3 4 5 6 9
ページトップへ▲TOPへ戻る