ブログ|習志野市で動物病院をお探しの方は幕張ICから車で5分、新習志野どうぶつ病院まで

時間
9:00~11:45
16:00~18:30
  • 午前受付時間 8:30~11:45
    午後受付時間 15:30~18:00

  • 往診:あり(応相談)
    休診日:なし

  • 電話
  • メニュー
2024年5月22日(水)

ノミといえばどんなイメージがありますか?

吸血するから危険、痒そう、といったことが浮かぶかもしれませんが、実は吸血する以外にも色々なトラブルを引き起こします❗️

【犬も猫もネコノミ?】

ノミにはいくつか種類がありますが、私たちやワンちゃんネコちゃんに関わってくるノミはほとんど全てネコノミと呼ばれるノミです。ネコノミは体長が約13mm、褐色の色をしています。

ノミは体の表面に寄生するため肉眼でも見えるはずですが、犬猫が毛で覆われていること、ノミが動き回っていることを考えると、ノミの姿を確認することは、じつは結構難しいのです😖

ノミの姿そのものを見つけられなくても、毛をかき分けると皮膚に黒い粉があったり、ワンちゃんネコちゃんの周りに黒い粉が落ちていることがあります。これを湿らせたティッシュに置き、軽くつぶすと赤茶色ににじむ場合、この黒い粉はノミの糞です❗️

体表に寄生する大量のノミ

赤茶色ににじむノミの糞

 

【ノミのライフサイクル】

凄まじいジャンプ力で狙った動物に寄生したノミは、数分以内に吸血を開始し、その3648時間後には1回目の産卵を行います。1日平均約30個の卵を産むと言われており、トータル2000個もの卵を産卵することがあります。成虫のノミは吸血と産卵をひたすら繰り返し、その寿命は約60日間です。

 

【ノミに寄生されるとどうなる?】

子犬や子猫の場合は大量に吸血されると貧血になってしまうこともあります。それ以上に、ノミに寄生されると色々なトラブルが引き起こされてしまいます😣

◾️皮膚の痒み、ノミアレルギー性皮膚炎

犬猫がノミに咬まれた時に皮膚に傷ができ、痒みが生じます。ノミに対してアレルギーを持っていない場合はその咬まれた部位だけに皮膚のトラブルが起こりますが、ノミアレルギーを持っている犬猫の場合、咬まれた時に体内に入ってくるノミの唾液に対してアレルギー反応を示すため、広い範囲で痒みや皮膚のトラブルが起こってしまいます⚠️

犬の場合、尻や尾の付け根、鼠径部(そけいぶ:内股の大腿部の付け根あたり)を噛んだり引っかいたりすることが多いです。急激な強い痒みを伴い、皮膚が赤くなり、炎症が外観上にも強く見られることがあります(ホットスポット)🐶

猫のノミアレルギーでも同じような皮膚炎ができますが、より多岐にわたった症状である事も多く、背中やお腹・首など広範囲でブツブツした赤い点状のかさぶたや隆起が見られます🐱

一度ノミアレルギーを発症してしまうと、今後ノミに寄生されるたびにノミアレルギー性皮膚炎を起こしてしまうことになります。 

 

また、ノミは他の寄生虫や病気を媒介することがあります。

◾️瓜実条虫

グルーミングなどでノミを体内に取り込んでしまった場合に、ノミの体内にいる瓜実条虫が犬猫の体内に入ります。瓜実条虫は犬猫の消化管に寄生し、犬猫の糞便中にこの寄生虫の一部が見られたり(米粒のように見え、よく見ると動いています)、肛門周りに付着していたりします。犬よりも猫でよく見られ、少数寄生では無症状ですが、多数寄生になると下痢や食欲不振になることがあります。

実はこの瓜実条虫、人にも寄生することが知られています。乳幼児に感染すると腹痛や下痢が見られることがあるので、注意しましょう💡

◾️猫ひっかき病

バルトネラ菌を持ったノミに吸血されることで犬や猫がバルトネラ菌に感染します。犬猫は感染しても無症状ですが、感染している犬猫に人が引っかかれると、その傷口から感染し、発熱やリンパ節の腫れが起こります。

 

【ノミの駆除は大変!】

犬猫にノミが寄生している場合、犬猫に寄生する成虫のノミと、周りの環境中に存在する卵・幼虫のノミを駆除しなければいけません❗️

環境中のノミに対してはカーペットや寝具を徹底的に洗濯し、その他ワンちゃんネコちゃんが居るエリアに掃除機をかけ、粘着性のあるクリーナーなどで掃除します。1回掃除をすると一部の幼虫が死滅しますが、残念ながら全てを排除することはできません。抵抗力のある卵が孵化したり、繭から成虫が出てくると、また繰り返し寄生が起こってしまいます。ですので、何度も入念な掃除を繰り返してノミを減らしていかなければいけません。

私たちが目に見えるノミは成虫だけで、しかも成虫はノミ全体の約1%しか占めていません。つまり、ノミ1匹を見つけるということは、実はすぐ近くに100匹の幼虫と卵がいるということです。ライフサイクルでも述べたように1匹のノミから何千という数の卵が産み落とされます。しかもノミは犬猫に寄生するだけでなく、卵や幼虫は家の中のカーペットや家具の下などに潜んでいるのです。考えると少しぞっとしてしまいませんか?

ワンちゃんネコちゃんに寄生しているノミに対しては駆虫薬を使用します⭐️滴下するタイプやおやつタイプなど様々な薬があります❗️ノミの成虫を駆虫する薬の他にも、薬を使っている犬猫の血を吸ったノミが産んだ卵は成虫になれない、という効果を持つ薬もあります。

ノミがワンちゃんネコちゃんの周りで増えていかないようにしっかりと駆除・予防していくことが大切です🏥

2024年3月1日(金)

皆さんダニと聞くと家の中の布団、食品に発生するダニを思い浮かべるかもしれませんが、それはヒョウヒダニやコナダニといった種類のダニです。ワンちゃんネコちゃんに関わってくるダニはマダニというものであり、今回はこの、ワンちゃんネコちゃんに関わるマダニについてお話しします💡

◾️マダニとは?

犬猫に寄生する主なマダニ(フタトゲチマダニ)だと吸血前は約3-8mm、吸血すると約1-2cmにもなります)。

マダニは森林や公園草むらなどで待ち伏せし、そばを通りかかった動物や人間に飛び移ってセメントのような物質を唾液と共に分泌し、それによって動物にくっついて寄生をスタートします。

◾️マダニはどこに寄生する?

マダニは動物の体表に寄生しますが、特に毛が薄い部分(顔まわり、胸、内股、お尻周り)に寄生することが多いです。

マダニは動物に対して、セメントのような物質でくっついており、無理に引っ張ってしまうと頭部だけが動物の身体に残ってしまい、化膿するかもしれません。

もしマダニが寄生しているのを見つけたら、自分で取ろうとせずに病院へ連れてきてください。

◾️マダニのライフサイクル

マダニは卵幼ダニ若ダニ成ダニ産卵というライフサイクルですが、幼ダニ・若ダニ・成ダニの全ての発育段階で1回ずつ吸血を行います。

このように、ダニは生まれてから生涯を終えるまでに3回も吸血します。

また、十分に吸血したメスの成ダニは一匹で2000個もの卵を産むと言われています。

◾️マダニに寄生されると起こること

マダニが多数寄生することにより、貧血になってしまうことがあります。また、マダニの唾液に反応してアレルギー性の皮膚炎が認められることもあります。さらに、唾液の中に様々な病原体を持っていて、吸血時にその唾液を介して動物に様々な感染症を運んできます。

◾️マダニが運んでくる病気

【バベシア症(犬)】

バベシア原虫(非常に小さい寄生虫で、肉眼では見えません)はマダニの体内におり、マダニが吸血することで犬に感染します。バベシア原虫は犬の赤血球に寄生し、それにより貧血をはじめとした発熱や黄疸、血小板の減少など、様々な症状が現れます。

【エールリヒア症】

エールリヒア属リケッチアによって引き起こされます。犬が感染すると、食欲不振、発熱や貧血、鼻汁(出血)、肝臓が腫れる肝腫大などをはじめとし、慢性期には眼の症状や血球減少症などといった、重篤な症状が見られます。

【重症熱性血小板減少症候群(SFTS)】

現在最も注意すべきは重症熱性血小板減少症候群(SFTS)と呼ばれる病気です。2011年に特定されたSFTSウイルスがダニによって媒介される感染症であり、動物だけでなくヒトにも感染する人獣共通感染症です。

SFTSはマダニから動物や人への感染だけでなく、SFTSを発症した犬や猫などから咬傷や濃厚接触によって人へ感染したり、SFTSに感染した人から人への感染が確認されており、人の死亡報告も何例かあります。

現在日本では犬、猫、チーターがSFTSを発症した動物として報告されています。発症した場合の症状は、人と動物で似ており、発熱や食欲低下、消化器症状です。犬は人よりも症状が軽いですが、猫の致死率は約70%とも言われています。

〜ヒトでのSFTS〜

2022731日時点での報告では、国内で763名の患者が報告されており、そのうち92名が亡くなっているという非常に怖い感染症です。詳しくは国立感染症研究所のホームページをご覧ください。

◾️さいごに

マダニ対策は、ワンちゃんネコちゃんを守ると同時に、ご家族の身を多くの感染症から守ることにも繋がるため、是非予防してあげてください🐶🐱

予防薬は色々な種類があるため、ぜひご相談ください。🏥

2024年1月24日(水)

このたび能登半島を震源とする大規模地震により犠牲となられた方々に心よりお悔やみ申し上げるとともに、被災された方々、どうぶつ達に心よりお見舞い申し上げます。

 

我々の動物病院が位置する関東地方においても、首都直下型地震や南海トラフ地震といった大規模災害が近い将来起きる可能性は低くないと言われています。

災害時の物資や避難所の設備等はどうしても人間が優先になってしまうため、どうぶつ達に対する災害時の支援はまだまだ手厚いとは言えないのが現状かと思います。

そんなときに大事なのが、普段からの防災用品の備えです。

この機会にぜひご自宅の防災備蓄品を確認してみてください。

 

【常に備えておくと良いもの】

☑︎ 食べ慣れているお食事、飲料水

☑︎ ペットシーツやビニール袋などのトイレ用品

☑︎ キャリーケース(そのまま寝床として使用できるハードケース)

☑︎ 常備薬(特に持病のある子)

☑︎ 毛布などの防寒具

 

 

最低でも上記のものは少し日数に余裕を持って備えておきましょう。

ペットシーツはバケツやビニール袋と合わせることで人間用の非常トイレとしても活用することができます。

 

そのほかにも備えておくと安心なものはたくさんあるので、NPO法人「全国動物避難所協会」理事長の奥田先生が監修された記事をご紹介しておきます。

ご興味のある方はぜひ読んでみてください!

動物との防災準備をしておこう~防災用品リスト~

2023年6月7日(水)

あなたのワンちゃんネコちゃんは健康診断を受けたことがありますか?

動物には人とは決定的に違うところがあります。体調不良を隠すのが上手であるワンちゃんネコちゃんは自分の体調の変化を話すことができないため、ほんの数日調子が悪いとご家族が診察に連れていらっしゃって検査してみると、実はかなり病気が進行している状態だった、という事も少なくありません。

また、1年間で、私たち人間の何倍も歳をとっていくワンちゃんネコちゃんへ定期的に健康診断を受けさせてみませんか?

健康診断を受けた方がいいことは分かるけど、どんな検査をするの?という疑問にお答えすべく、今回は健康診断【ドッグドック】の検査にはどんなものがあるのかをお話しますね🩺

 

◾️身体検査🐕

最も基本的な検査ですが、その子をみて(視診)、触ること(触診)で多くの情報を得ることができます。例えば体重を測る、口の中の歯や歯肉をチェックする、眼や耳、皮膚、四肢の状態などに気になる点はないか、などを見ていきます。また、聴診器で心臓や肺に雑音がないか(聴診)、お腹を触って(触診)異常がないか診ていくことも重要なチェックポイントです。

◾️血液検査💉

春のドッグドックでは、フィラリア抗原検査の他に内臓機能19項目が一緒に調べられます‼️

肝臓や腎臓の数値など内臓の機能状態を調べることが出来ます。

ここで何か異常が見つかった場合は、次に説明するレントゲン検査や超音波検査なども組み合わせてどこにどのような異常があるのか、詳しく探っていくことになります。

また、今年から設置されたオプション シニアコースでは、甲状腺ホルモン測定や糖尿病マーカーなどシニア期に多い病気も一緒に調べられます💡

◾️レントゲン検査🩻

オプションでレントゲン検査も行えます。

健康診断のときに撮影するのは通常、胸(胸部)お腹(腹部)の部分です。

胸部レントゲンでは首から背中にかけての骨・肋骨や、心臓などの胸の中にある臓器の異常がないかを知ることができます。腹部のレントゲンでは、同じく骨の様子やお腹の中にある臓器を調べます。レントゲン検査では、本来なら写ってこないはずのものが写っている、逆に写るはずのものが写っていない、正常と比べて臓器の大きさや形、場所が違う、などといったことが分かります。

 

以上が健康診断のときに行う、主な検査項目です。

若い年齢なのか高齢なのか、気になる症状がないかなど、必要に応じてこの項目から減らしたり、増やしたりして検査を行います。

健康診断『ドッグドック』の結果は、獣医師が身体検査や血液検査の結果をもとに次回の検査時期や追加検査の有無などコメントを書いてご郵送します💁‍♀️

 

◾️健康診断をうける頻度は?

若いうちは年に1回程度、シニア期になってからは年2回、健康診断をうけることをおすすめします。また、健康診断は人と同じように絶食をオススメしてます。

 

◾️もうひとつ健康診断の大切なポイント💡

もうひとつ健康診断の大切なポイントは、その子の健康な時の検査結果を知っておくということです。ワンちゃんネコちゃんにも個体差はあるので、私たちはその子の健康な時の値をできれば知っておきたいです。

例えば調子を崩して検査をしたワンちゃんで、肝臓の数値が基準値より少し高かったとします。もし過去に何度か健康診断を受けており、その時も肝臓の数値が少し高かった場合、元々肝臓の数値が少し高いワンちゃんだったな、今回の体調不良と肝臓の数値は必ずしも関連していないかもしれない、と系統立てて考えることができます。

このように1回だけの数値を見るよりも、以前との比較をすることで色々な情報を得ることができるのです。

健康診断には病気を発見するという意義だけでなく、ワンちゃんネコちゃんが健康であることの確認をする、そしてその健康の時の状態を把握しておく、という大事な意義もあります。あなたのワンちゃんネコちゃんが元気で長生きできるよう、私たちもお手伝いしていきますね。気になることがあれば、お気軽にご相談ください🏥

 

他にも様々な検査項目があるますので、詳しくはこちらもご覧ください🐶

参考文献:ペットクリニックハレルヤ 平川 篤先生

2023年4月26日(水)

フィラリア症は別名「犬糸状虫症」と呼ばれ、一般的にはワンちゃんが気を付けなければならない病気として知られています。じつはこのフィラリア症、猫ちゃんにもかかる病気であることをご存知ですか?
今回は、猫のフィラリア症についてお話しします。

詳しくはこちらから

1 2 3
ページトップへ▲TOPへ戻る